石川食品

八溝山系の伏流水が育むこんにゃく|石川食品

rss

商品カテゴリ

コンテンツ

 
 
HOME»  石川食品 美味しさの秘密

石川食品 美味しさの秘密

【 こんにゃく 】

 
■こんにゃくは日本独特の食べもので、栄養価値は低く現在ではダイエット食品として見直されております。
独特の舌触りで永く日本人に愛されている食べ物です。
八溝(馬頭)のこんにゃくは同地方の特産物として販売されています。

■こんにゃくはこんにゃく芋を薄く切って、天日で干したものが原料となり、粉砕機にかけて皮と粉とを分け、こんにゃく粉を作ります。
皮の混入の割合で色等級が分けられ、ぬるま湯につけて膨張させたあと、水酸化カルシウムの溶液を加えて型に入れ成型します。
当店の製品は全商品特等粉を使用して作られています。


  
≪ 写真は那珂川町(旧馬頭町)地内のこんにゃく畑です。≫


■こんにゃくは大変味が染みやすい特徴があるので、日本料理の材料に欠かせない脇役として人気があります。
代表的なこんにゃく料理がまず刺身でしょう。
ふぐ刺しのように薄くスライスしたこんにゃくを酢味噌やからしみそ、またはしょうが醤油につけて食べます。
ツルリとのどもとを過ぎるときの食感をお楽しみください。


■また煮物、和え物、田楽などがあります。
油にもよくなじむので、キンピラ風にしても美味しいです。
もちろん、おでんの材料としては主役級の存在感があり、変わった食べ方としては凍りこんにゃくなどがおススメです。        
  

  
■当店の八溝山系伏流水仕込みこんにゃく、豆かんを製造している工場です。八溝山地高戸山(標高581.3m)のふもとで澄んだ空気と清らかな大地の中、厳選された原材料となめらかな口当たりの伏流水(天然水)を使い昔ながらのバタ練り製法で製造しております。
 
≪ 写真右手は工場敷地よりの風景です。≫

   
≪工場内部の様子です。写真右手はバタ練り機です。≫